匿名でメッセージを送れる「マシュマロ」を設置しました。

【ひとり旅】持ち物チェックリスト | ぼっち旅にオススメの便利アイテム

旅メモ
【PR】本記事のリンクには広告が含まれています。

旅の楽しみは、その道中に限りません。

旅の準備もまた、楽しみの一つです。

しかし、準備をしていると「何を持っていけばいいんだっけ……?」と悩むことが多いです。

そこで今回は、ひとり旅(国内旅行)に必要な持ち物のチェックリストを作成してみました。

持ち物チェックリストだけを確認したい方は、こちらをクリック!

スポンサーリンク

持ち物チェックリスト(国内編)

日本国内を一人で旅する場合の持ち物をリストアップしました。

筆者に合わせて作成したリストなので、全ての方に当てはまるものではないかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

(項目をタップして、チェックをつけることができます)

一人旅-持ち物チェックリスト






持ち物の説明

上のリストを見て「それって必要なの?」と疑問に思われる方もいるかと思うので、持ち物について簡単に説明していきます。

また、個人的に「これがあると便利!」といったアイテムもご紹介します。特にぼっち旅をされる方の参考になればと思います。

必需品

財布

説明不要の必需品です。

現金だけだと心許ないので、クレジットカードキャッシュカードも入れておきます。

もしもの場合に備えて、健康保険証(今はマイナンバーカード?)や身分証明書(運転免許証・学生証など)もあると安心です。

切符・チケット

新幹線の切符飛行機のチケットなど、結構忘れがちなので確認して持っていきましょう。

クリアファイルなどに入れて整理しておくと、旅先でも取り出しやすくて便利です。

ガジェット類

ガジェット類(電子機器)は、キャリーバッグに入れると振動が故障の原因になるので、バックパックに入れて持っていくようにしています。

私は、百均で買った巾着袋にまとめて入れています。

スマホ

今ではコレがないとやっていけません。

出発前にきちんと充電がされているかを確認しましょう。

充電が切れた場合も想定して、モバイルバッテリーがあると安心です。

参考までに、私が現在使用しているものを載せておきます。

こちらは昔に購入したもので、今はもっと性能の良いものがあると思います。ご自身に合ったものを探してみてください。

ノートPC

私にとっては必需品です。人によっては、タブレット派の方もいるかもしれません。

ちなみに私の使っているノートPCはこちらです。

意外と充電器を忘れがちなので、きちんと確認しましょう。

また、旅先で作業することが決まっている方は、作業効率アップの観点からマウスの持参をオススメします。

カメラ

写真が趣味の方は、旅にカメラは必須だと思います。

一眼レフやミラーレスカメラをご使用の方は、レンズや三脚なども大事かと思いますが、特に気を付けておきたいのがバッテリーの充電とSDカードの空き容量の確認

旅先でのシャッターチャンスを逃さないように、出発前から準備を徹底しておきましょう。

有線イヤホン

私は普段、無線イヤホンを使用していますが、バッテリーの問題もあるので、旅先では有線イヤホンを使用しています。

有線イヤホンはAppleの純正イヤホンがコスパが良くて重宝しています。

別ページで開く(Amazon)

電源タップ

コンセントの数を増やしたいときに使う「アレ」です。

コンセントの数に限りがあるネットカフェやカプセルホテルなどで重宝します。

参考として以下にリンクを貼っておきます(私が使用しているのは百均で買ったもので、こちらの商品ではありません)。

コンセントだけでなく、USBポートも付いているのは便利で良いですね。

別ページで開く(Amazon)

USB電源アダプタ―

上で参考としてUSBポート付きの電源タップをご紹介しましたが、付いていない場合は別途必要となります。

特に、ガジェットマニアの方は持っていると何かと便利です。

こちらも参考としてリンクを貼っておきます(私が使用しているのは百均で買ったもので、こちらの商品ではありません)。

別ページで開く(Amazon)

衣服類

服装は、人によってこだわりが違うと思うので、自分の好みに合わせて用意しましょう。

ちなみに、私は服は最小限にとどめる派です。

洋服

季節によって違ってくるとは思いますが、私の場合は「出発日に着る服+上下一着分」を用意していきます。

必要があれば、旅先のコインランドリーで洗濯します。

下着・靴下

下着(上下)と靴下は、日数分用意して持っていきます。

履いた靴下を入れるナイロン袋(ジッパー付きだと尚良い)があると快適です。

部屋着

旅館やホテルには浴衣が用意されていることが多いですが、私の一人旅ではネットカフェに泊まることも多いので、部屋着としてジャージパーカーを持っていくようにしています。

UNIQLOで買ったパーカーは、ポケットが多くてめっちゃ良いです。

タオル

ネットカフェに泊まる場合は、シャワー料金に加えてタオルが有料の場合もあるので、タオルがあると節約できます。

そうでなくても、雨で濡れたときや汗を拭くのに使えるので、1枚あると何かと役に立ちます。

洗面用具

旅館やホテルでは、アメニティがそろっていることも多いですが、私は普段使っているものを使いたい派なので、わざわざ自分で持っていきます。

特にこだわりのない方や、ホテルのアメニティを試したいという方は必要はないかもしれません。

ボディソープ・シャンプー

私は普段使っているものを、小型の容器に入れて持っていきます。

最近はオシャレな容器が多いですね。参考として以下にリンクを貼っておきます(私が使用しているのは百均で買ったもので、こちらの商品ではありません)。

別ページで開く(Amazon)

カミソリ・化粧水など

こちらも人によって違ってくるかと思いますが、私は自分で持っていきます。

歯ブラシセット

こちらも自分で持っていく派です。特にネットカフェ泊の場合は必須です。

救急セット

単なる「旅行」の場合は必要ないかもしれませんが、自分の脚で「ひとり旅」をするとなると、救急セットは必須です(現地調達できるなら、それでも可)。

もしケガをしてしまった場合に、適切な処置ができるよう準備しておきましょう。

ハンカチ・ティッシュ

これらは洋服のポケットに入れて、常に身に着けるようにしておきます。

救急セットには、予備を入れておきます。

常備薬

普段、薬を飲まれている方は、忘れないように持っていきましょう。

旅行日数よりも少し多めに持っておくと、いざというとき安心です。

消毒液

必需品というわけではありませんが、持っていると応急処置ができるので安心です。

傷口を綺麗な水で洗い、消毒をして絆創膏を貼る。最低限このくらいはできるようにしておきたいです。

絆創膏

擦り傷や切り傷に有効です。

靴ずれなどの心配もあるので、持っていると何かと役に立ちます。

ガーゼ・テープ

大きな傷口の手当てをするために必要です。

大きめの絆創膏などでも代用可能です。

綿棒

耳の中がかゆくなったときに役に立ちます。

旅館やホテルの温泉などにはあるかと思いますが、ネットカフェにはないので持参必須です。

ハサミ

ガーゼを切るためのハサミです。

文房具としても役に立ちますが、それとは分けて使いたいところです。

個人的な必需品

メガネ(ケース)

普段からメガネをかけている方は、メガネケースをよく忘れるので確認しましょう。

私は何度も忘れたことがあります。

マスク

少し前までは必須でしたが、最近では緩和されましたね。

とはいえ、部屋や飛行機の空気が乾いていたり、花粉の影響などもあるので、いくつか用意しておくとよいと思います。冬は防寒具としても役に立ちます

腕時計

今ではスマホで代用できますが、スマホの充電が切れたときに時刻が分からないのは怖いです。

単純にスマホのバッテリーの節約になるので、あった方がよいと思います。

筆記用具

普段使っている小さなペンケースを持っていきます。

手帳

普段使っている「ほぼ日手帳」(A5, 分冊版avec)を持っていきます。

別ページで開く(Amazon)

今年から使い始めましたが、「ほぼ日手帳」はとても使いやすいです。

私は、レザーの手帳カバーに入れて愛用しています(値段が高いので、自分の誕生日に買いました笑)。

別ページで開く(Amazon)

ひとり旅をするときに、本は「良きお供」になってくれます。

旅先が舞台の小説を読むもよし、今の自分の悩みについて書かれた本を読むもよし。

旅の経験が広がると同時に、自分の思考も深まるような、そんな本だといいなと思います。

個人的にオススメな旅の本をいくつか挙げておきます。

  • 沢木耕太郎『深夜特急』
  • 司馬遼太郎『街道をゆく』
  • 出口治明『人生を面白くする 本物の教養』

別ページで開く(Amazon)

別ページで開く(Amazon)

別ページで開く(Amazon)

ラジオ

最近、ラジオの魅力に気づいて、旅先に持っていくようになりました。

別にスマホでYouTube動画を流してもいいのですが、旅の道中にそれは少し無粋な気もします。

このラジオは、昔に親戚のおじさんにもらったものです。

別ページで開く(Amazon)

あると便利なもの

必須というわけではありませんが、旅のプランによってあると便利なものを挙げていきます。

折りたたみ傘

旅先で雨が降ったとき、折りたたみ傘があると便利です。

あまりにコンパクトすぎるものは壊れやすいので、多少大きくても骨組みがしっかりしている傘をオススメします。

防水リュックカバー

バックパックで旅をする場合は、これがあると雨が降っても安心です。

小型のバッグ

エコバックほどの小型のバッグがあると、旅先でもらった地図やパンフレットを入れるのに役に立ちます。

無印良品で購入した「さっとたためるマイバッグ」が、容量が大きくてたくさん入るし、何より簡単に・コンパクトにたためてとても使いやすい。

大きな荷物はホテルやコインロッカーに預けて、必要なものをこのバッグに入れて移動するのが快適です。

ナイロン袋(日数分)

ナイロン袋は、多くあるほど正義です。

雨に濡れた傘を入れたり、ごみ袋にしたり、他にもいろいろな用途で役に立ちます。

最近は有料になってお店で手に入りにくいですが、一人旅にはかなり重宝します。

非常食・飲み物

私が一人旅をするときは、必ず非常食を準備しておきます。

非常食と言っても、カロリーメイトとゼリー食×2くらいです。飲み物は現地調達でOKです。

辺境の地を一人で旅をするときは、時にこのくらいの覚悟が必要となります……。

日焼け止め

夏は必須!!!

先日(8月上旬)、秋田県の男鹿半島の海岸線沿いを、日焼け止めを塗らずにロードバイクで4時間ほど走ったら、顔と手の甲が悲惨なほど日焼けして大変なことになりました。

悪いことは言いません。面倒くさがらずに、夏は日焼け止めをちゃんと用意するように(過去の自分へ)。

光るキーホルダー

これは、夜中に車道近くを歩く必要がある人には必需品です(かなり少数だと思いますが)。

街灯が少ない道を歩く際に、運転手に歩行者がいることを伝えるために身に着けます。

LEDライト等があれば必要ないのですが、勝手にピカピカ光ってくれるキーホルダーがあると、交通事故などのリスクも下げられるかと思います。

おわりに

今回は、国内のひとり旅の準備に役立つ「持ち物チェックリスト」を作成しました。

筆者個人の備忘録としての側面が強いため、あまり参考にならなかったかもしれませんが、少しでもお役に立てたなら幸いです。

それでは道中お気をつけて。

よい旅を。