匿名でメッセージを送れる「マシュマロ」を設置しました。

【PowerPoint】パワーポイントで手書き風の直線を引く方法(スケッチスタイルが使えない)

IT
【PR】本記事のリンクには広告が含まれています。

PowerPoint(パワポ)で、図形の枠線を手書き風にしたい場合は「スケッチスタイル」機能を使用します。

しかし、線(直線)の場合は、スケッチスタイルが使えないことに気づきます。

そこで今回は、PowerPointで手書き風の直線、曲線、曲がった矢印を描く方法についてご説明します。

スポンサーリンク

実施環境

■PowerPointのバージョン情報

  • Microsoft® PowerPoint® 2021 MSO (バージョン 2304 ビルド 16.0.16327.20200) 64 ビット

使用したPC

  • ASUS Zenbook 14(UM425QA-KIR915WS)
  • OS:Windows 11 Home 64bit

スペックの詳細はこちらの記事に書いています。

オススメのパワポ本(PR)

PowerPoint(パワーポイント)は、プレゼンテーション用の資料作成に使われるツールですが、図やイラスト作成を行うツールとしても十分な機能が揃っています。

こちらの本は、紹介されているイラストのクオリティが高く、解説も丁寧なので、今以上にパワポを使いこなしたい方にはオススメです。どうぞご参考までに!

前提として

PowerPointで挿入した図形は、「図形の書式設定」で線のオプションからスケッチ スタイルを選択することで、手書き風にすることができます。

図形の枠線を手書き風にする

しかし、同じやり方で直線を挿入して「スケッチ スタイル」を選ぼうとすると、クリックすることができず手書き風にすることができません

線(直線)は手書き風にできない

なので、以下ではこの直線とは別のものを使用して、手書き風の直線を作成する方法をご説明します。

手書き風の「直線」を引く

1. 図形の挿入から、線の「曲線」を選択する。

挿入タブの図形から「曲線」を選択

2. 曲線をまっすぐ引く。

「曲線」をまっすぐに引く

3. このまっすぐに引いた曲線を選択し、「図形の書式」タブにある「図形のスタイル」の右下アイコンをクリックすると、「図の書式設定」が右サイドに表示される。

右下アイコンから「図の書式設定」を開く

4. 「図形の書式設定」で線のオプションの「スケッチ スタイル」を見てみると、選択できるようになっています。

まっすぐに引いた曲線を手書き風にする

「スケッチ スタイル」にある4種類から好みのスタイルを選択すると、手書き風の直線を描くことができました。

手書き風の「曲線」を描く

上では手書き風の「直線」を描く方法を説明しました。

次は、綺麗なカーブを持つ「曲線」を手書き風に書く方法を説明します。

1. 図形の挿入から、基本図形の「円弧」を選択する。

挿入タブの図形から「円弧」を選択

2. 円弧を引く。

円弧を作成する

3. この円弧を選択し、「図形の書式設定」で線のオプションの「スケッチ スタイル」を選択する。

円弧を手書き風にする

「スケッチ スタイル」にある4種類から好みのスタイルを選択すると、手書き風の曲線を描くことができました(直線よりも変化はわかりにくいですが)。

おまけ 手書き風の「曲がった矢印」を描く

最後におまけとして、手書き風の「曲がった矢印」の描き方をご紹介します。

「スケッチ スタイル」を適用した円弧を選択し、「図形の書式設定」で線のオプションの終点矢印のサイズから好みのスタイルを選択します。

手書き風の曲線に矢印をつける

曲線の端に矢印が付き、手書き風の「曲がった矢印」を描くことができました。

作成例

別の記事で作成した、手書き風の直線、曲線、曲がった矢印を用いた画像の例です。

このような感じで、手書き風の直線や曲線、曲がった矢印を組み合わせることで、手書き風のゆるい図を作成することができます。

まとめ

今回は、PowerPoint(パワポ)で手書き風の直線を描く方法についてご説明しました。

当ブログでは、他にもPowerPointを使ったマニアックなテクニックをご紹介しています。

【PowerPoint】かすれた文字と枠線を描く方法

もしお時間がありましたら、覗いてみてください。

えのきつね
えのきつね

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!