匿名でメッセージを送れる「マシュマロ」を設置しました。

【XMind】Excelファイルをインポートする

IT
【PR】本記事のリンクには広告が含まれています。

マインドマップ作成ツール「XMind」で、Excelファイルをインポートする方法を説明します。

正確には、ExcelデータをXMindにコピペしてマインドマップを作成する方法の説明です。

スポンサーリンク

実施環境

  • XMindのバージョン
    • XMind 8 Update 8 (R3.7.8.201809070145)
  • 使用したPC情報
項目情報
OSmacOS Monterey (バージョン12.6)
ハードウェアMacBook Air (13-inch, 2017)
プロセッサ1.8 GHz デュアルコア Intel Core i5
メモリ8 GB 1600 MHz DDR3
グラフィックスIntel HD Graphics 6000 1536 MB

前提として

私が使っているXMindのバージョンでは、Excelファイルをインポートすることはできませんでした。

こちらがインポートの画面です。選択肢にExcelはありませんでした(Wordはあるのに)。

XMind インポート画面

なので、以下ではExcelデータをコピーして、XMindにマインドマップとして貼り付ける方法を説明します。

やり方

1. マインドマップ化したいデータを、以下のような形式でExcelに入力する。

マインドマップ化したいデータ

マインドマップの階層ごとに段落を変えていくイメージですね。

今回はこちらのデータを参考にしました。
47都道府県名の一覧表リスト(一発コピペOK、エクセルでも使えるデータ付) | リスト&ランキング.com

2. 範囲を指定してコピーする。

範囲を指定してコピー

3. XMindを立ち上げ、「中心トピック」が表示された状態で貼り付け(右クリックして「貼り付け」を選択)。

XMindに貼り付け

4. そうすると、下のような構造のマインドマップが得られる。

マインドマップが得られた

階層を増やしたいとき

マインドマップの階層を増やしたい場合は、Excelデータを以下のような形式にします。

東京都の区を追加した

XMindに貼り付けると、次のようになります。

東京都の区の階層が追加された

以上です。

参考サイト

こちらの記事を参考にさせていただきました。

エクセルをXmindに取り込む | アジアスターズ 株式会社
SEOを考慮した新規コンテンツを作成する際に「キーワードどうしよう?」と思ったら、以下の流れが参考になるだろう。「エクセルをXmindに取り込方法む」だけ知りた...