記事へのコメント・ご質問はこちらから。

【出典】ショーペンハウアー「富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇く」元ネタと意味をガチで調べてみた

名言
【PR】本記事のリンクには広告が含まれています。

富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇くは、ドイツの哲学者・ショーペンハウアーの言葉です。

人生の本質をつくこの名言は、どこから生まれた言葉なのでしょうか?

今回は、このショーペンハウアーの名言《富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇く》の出典について調べてみました。

名言の出典をガチで調査!
この記事の内容
  • ショーペンハウアーの名言の紹介
  • 《富は海水に似ている~》の出典の調査結果
  • 《富は海水に似ている~》の意味
スポンサーリンク

ショーペンハウアーの名言

アルトゥール・ショーペンハウアー(1788-1860)はドイツの哲学者であり、主著は意志と表象としての世界です。

今回の名言は、こちらの記事を読んで出会った言葉です。

ショーペンハウアーは、「富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇く」と『幸福論』に書いています。富を求めてもいい、しかし、求めるほど渇望感が増し、苦しくなるだけだよというのです。

「老後のお金の不安」をショーペンハウアーが一刀両断! (2ページ目):日経xwoman

この記事を読んで「富を海水でたとえるのは上手いなぁ」と感じ、この言葉の出典が何なのか気になりました。

ちなみに、日本語以外の翻訳は以下の通りです。

  • 日本語:富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇く。名声も同じである。
  • 英語:Wealth is like sea-water; the more we drink, the thirstier we become; and the same is true of fame.
  • ドイツ語:Der Reichthum gleicht dem Seewasser: je mehr man davon trinkt, desto durstiger wird man.— Das Selbe gilt vom Ruhm.

今回は、こちらの名言の出典について調査していきます。

《富は海水に似ている~》出典調査の結果

結論として、ショーペンハウアー著『余録と補遺』に収録されている『人生の知恵のためのアフォリズム』に当該の名言が確認されました

『余録と補遺』(原題『Parerga und Paralipomena』)はドイツ語で書かれているため、確認されたのはドイツ語の《Der Reichthum gleicht dem Seewasser: je mehr man davon trinkt, desto durstiger wird man.》です。

ちなみに『人生の知恵のためのアフォリズム』(原題「Aphorismen zur Lebensweisheit」)はこちらのリンクから閲覧可能です。

ここからは、今回の調査過程について詳しく書いていきます。

《富は海水に似ている~》出典調査のプロセス

まず、名言を知るきっかけとなったこちらの記事に、ショーペンハウアー著の『幸福論』に書かれているとの情報がありました。

この『幸福論』とは、ショーペンハウアー著『人生の知恵のためのアフォリズム』だと思われます。

ここで、前回ショーペンハウアーの名言《運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する》出典調査で利用したInternet Archiveの書籍内を調べることにしました。

《運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する》の出典調査の記事はこちら

Internet Archiveの書籍内検索

Internet Archiveの書籍のリンクはこちらです。

さっそく、《富は海水に似ている~》のドイツ語《Der Reichthum gleicht dem Seewasser: je mehr man davon trinkt, desto durstiger wird man.》を書籍内を検索してみます。

Schopenhauers Aphorismen zur Lebensweisheit: Internet Archiveより

すると、書籍上の51ページに検索ワードの一部と一致する箇所を発見しました。

Der Reichthum gleicht dem Seewasser: je mehr man davon trinkt, desto durstiger wird man.— Das Selbe gilt vom Ruhm.

Schopenhauers Aphorismen zur Lebensweisheit (Page 50): Schopenhauer Internet Archive

富は湖水のようなもので、飲めば飲むほど喉が渇く。名声も同じである。

DeepLで翻訳すると、調査対象の名言であることが確認できました。

《富は海水に似ている~》意味を考える

ここからは、光文社古典新訳文庫のショーペンハウアー著幸福についてをもとに、《富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇く》の意味を考えていきたいと思います。

以下は、《富は海水に似ている~》の前に登場する文章です。

財産に関する願望はどこまでが道理にかなったものなのか、その限界を定めるのは不可能とまでは言わないが、困難だ。なぜなら、財産に関する各人の満足は絶対量ではなく、単なる相対的な量、すなわち要求と財産のバランスに基づくからである。したがって財産のみを切り離して考察しても、分数における分母のない分子をながめるようなもので、無意味だ。

ショーペンハウアー『幸福について』鈴木芳子 訳、光文社(2018)初版第1刷、P.73 [第三章 「その人は何を持っているか」について]
著:ショーペンハウアー、翻訳:鈴木 芳子

なるほど……、これを図を使って説明してみると以下の通りです。

つまり、所有における満足度は絶対量ではなく相対量で決まります。自分がどれだけの量を持っているか、ではなく、自分が欲しいと思ったもののうち、どれだけ所有(達成)できたかという割合で決定されます。

分数における分母のない分子というのは、所有における満足度において、分母にあたる自分の「欲しいもの」を考えることなく、自分の「持っているもの」だけを考えることであり、ショーペンハウアーはそれが無意味だと言っています。

だから金持ちの莫大な財産が貧しい人々を悩ませることはなく、いっぽう金持ちは目論みが外れると、すでに持っている巨万の富にすら慰めを見出せない。富は海水のようなもので、飲めば飲むほど、のどがかわく。これは名声にもあてはまる。
(色付き太字筆者)

ショーペンハウアー『幸福について』鈴木芳子 訳、光文社(2018)初版第1刷、P.73 [第三章 「その人は何を持っているか」について]

つまり、貧乏人は莫大な財産を持たないので、それによって悩まされることはなく、一方で金持ちは所有する財産よりも多くのものを望むために、今どれだけ所有していたとしても、それらによって慰められることはありません。

これらを端的に表したのが、《富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇く》という言葉です。

まとめ

今回はショーペンハウアーの名言《富は海水に似ている。飲めば飲むほどのどが渇く》の出典を調査し、その記載を確認することができました。

本ブログでは、ショーペンハウアーの他の名言の出典調査を行っています。もしお時間があれば覗いてみてください。

《運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する》の出典調査

《賢さの次には勇気が私たちにとっての甚だ大切な特質である》の出典調査

えのきつね
えのきつね

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
(ご質問・ご感想はマシュマロへどうぞ)